元カラオケ店員が解説!快活CLUBの1&2カラオケってこんな感じ!

 

ベッシー

どうもベッシー(@bessyblog)です。
快活CLUBの1&2(ワンツー)カラオケについてベッシーがカラオケ店で働いていた頃の知識を掘り起こしながら書きたいと思います。
個人的にはワンツーカラオケが一番好き!
リクライニング、フルフラット、鍵付き防音個室よりも居心地いいです!

 

1.DAM・JOYSOUNDの最新機種を導入

快活CLUBのワンツーカラオケは、DAMとJOYSOUNDの2大メーカーの最新機種を導入しています。
DAMはLIVEDAM Ai、JOYSOUNDからはJOYSOUND MAX GO が最近機種ですが、それらを惜しげも無く全国的に導入されています。
その辺のカラオケ店と大差ないところまで、いや追い抜いているのでは?と思わずにはいられません。

ひと昔前までは、エクシングの♫ウガ ウガウガ カラオケウガ♬(若い子わかるかな?)とかあったのですが今はこの2トップが支持されています。

▼UGA(2005)のCM 良ければ聴いてみてください。

 

 

2.カラオケ機器の説明

カラオケで使用されている機器を簡単に紹介していきます。
繊細な機械なので我が子のように扱いましょう。

 

2-1.コマンダー(本体)

コマンダーとはカラオケ本体のことで心臓部分です。
機器中央にモニターがあり、カラオケ伴奏やマイクの音量(エコーなども)の調節ができたり新曲のダウンロードもこなす、カラオケ機器には無くてはならないものです。

JOYSOUND MAX2(エクシング)

LIVE DAM STADIUM(第一興商)

 

2-2.ダイナミックマイクとコンデンサマイクとは?

AT-CLM7000TX

一般的なカラオケ店は下のようなマイク(ダイナミックマイク)のみ置いているのが主流です。

おなじみのって感じのマイクですね。
比較的安く手に入るのにそこそこ頑丈な作りをしているのが特徴です。
って調べてみたらそこそこ値段張るじゃん!
たまに歌っているときに手が滑って落としたりしてましたが、これからは丁寧に扱おうと思います。

 

 

マイクの電源ONのまま手でボンボンと叩いてマイクチェックするのはマイクを傷る原因になるのでやめましょう。

マイクに向かって「あー、あー」と実際に声を出して確認するのがベストです。
続いてこちらがコンデンサマイクです。

アーティストのPV、MVやレコーディング風景などで映っているのを見たことがある方も多いと思います。

比較的高価で振動や衝撃に弱いですが高音域が綺麗に録れるマイクです。
快活CLUBでプロも使用している機材で録れるなんて最高じゃないですか。

また、メーカーはマイクとフェンス共にオーディオテクニカを採用していて信頼度は抜群です。
ダイナミックマイクよりも繊細で壊れやすいので扱いに特に注意しましょう!

 

2-3.スピーカーはどんなものを使用している?

DDS-50(第一興商)

いくら最新のスマホでも百均のイヤホンを使っているのと同じで良いカラオケ機器なのに出力するスピーカーがしょぼかったら良い音で楽しめません。

今回入った部屋のスピーカーには、第一興商のDDS-50を採用していました。このシリーズの中では一番小さいものですが部屋の広さが体感で約1.5畳ほどなので十分すぎるパワーでした。

 

快活CLUBの1&2(ワンツー)カラオケではヘッドフォンをしながらカラオケ音源と自分の声両方を聴きながら歌えるのも特徴の1つです!2又端子(ヘッドホンやイヤホン端子を2つ接続できる変換器)を使えば友達と2人で聴きながら歌えちゃいます。

耐久性的におすすめしませんが100円ショップでも販売されています。
ヘッドフォンとスピーカーの出力切り替えは画像の中のスイッチ1つで楽々できます。

また、外部入力端子をiPhoneやiPadに接続することで臨場感ある音で楽しむことができます。
接続されている間はカラオケの画面は消え、下のような感じになります。あと使い所はないと思いますが、テレビの映像を観ながら後ろで音楽を流すという技も。

 

大画面で映像を流したい場合はフロントでスマホ専用ケーブルを借りて部屋にあるHDMIケーブルと接続します。

 

2-4.リモコン(曲を入れる機械)

 

みんながこぞって「デンモク!デンモク!」って狂気に満ちたような顔で言うアレです。
曲を入れるにはこれがないと始まりませんからね。
快活CLUBにもちゃんとありますよ。
DAM、JOYSOUND共に最上機種を入れてます。

 

3.本格ヘッドフォンを無料で貸してもらえる

オーディオテクニカのATH-K100

 

レコーディングスタジオでも実際に使用されている高性能ヘッドフォンをフロントで言えば無料で貸してもらえます。(最近は個室内に置いてある店舗も多いようです。)

入店した時にあらかじめ伝えておくとスムーズですね。
それか、お気に入りのいつも使っているイヤホンやヘッドフォンも使用できますので快活CLUBの無料ヘッドフォンや自分のものいろいろ試してみて聞こえてくる音の違いを楽しむのも良いかなと思います。

 

4.混んできたら3時間までが限界

 

お店が忙しい時間帯はたくさんのお客さんに利用してもらう為に3時間で退出を余儀無くされます。これはお店のルールなので仕方なく守りましょう。

しかし快活CLUBならたとえカラオケを追い出されたとしても大丈夫です。
他のブースやダーツ、ビリヤードなどがあるので移動して楽しみましょう。

 

5.防音環境バッチリ

 

1&2カラオケルームの壁には、音楽室にあるような穴(有孔ボード)が本格的に施されていて歌いやすいように設計されています。

カラオケを流しながら部屋の外へ出ると少しの音漏れはしていましたが、他の専門店とほとんど変わりはないでしょう。

 

 

6.歌いやすい椅子

座りながら歌う人、立って歌う人、寝ながら歌う人?いろんな人がいると思いますがベッシーは座って歌うのが一番好きです。

1&2(ワンツー)カラオケでは上の画像の椅子が置かれています。
調整機能が一切ない椅子なんですがなぜか絶妙に歌いやすい

実は背もたれの角度やクッションなどを計算して作られたスゴイ椅子なんじゃ?とか思っています。
あと下のコロコロが軽やかで縦に横にラクラク移動できます。
パソコン作業もしやすくて何なんこの椅子欲しいねんけど!ってなりましたよ。

▼飲み放題カフェの椅子も座りやすくておすすめです!

 

7.作業スペースとしても利用できるデスク

 

 

椅子が良ければデスクも広々していて余裕があります。
デンモク操作はもちろん、勉強やパソコン作業にも適しています。

 

8.備え付けカメラで動画撮影ができる

 

パソコンの上部に設置されているカメラで撮影しながら歌う為の専用カメラです。
快活CLUBのブース内に監視カメラはありません
他のカラオケ店で設置してあるのは見たことありますが。

 

動画撮影までの手順は

DAMの場合

1.リモコン下部の「DAM★とも」ボタンからログイン
初めて使う方はこちらから会員登録(無料)しておきましょう!
2.録音or動画を選ぶ
3.歌いたい曲を選ぶ
4.熱唱後「アップする」を選ぶとマイページにアップされる
  確認したい場合は「再生する」を選ぶ

 

JOYSOUNDの場合

1.リモコンでうたスキにログイン
 使うのが初めての方はうたスキから会員登録(無料)しておきましょう!
2.歌いたい曲を入れる
3.熱唱後は公開するか選ぶ
 やっぱりせっかく歌ったんだからみんなに聞いてもらいたいなって思う方も多いと思います。

 

▼曲終了後に下の3つから選べます。

・一般公開(メールアドレス登録必須。誰でも視聴できる。SNSにも投稿可能)
・会員公開 うたスキ会員限定で公開します。
・非公開 自分だけが視聴できる設定です。

※公開範囲はうたスキにログインすれば変更可能です。

 

9.簡単に高音質でCD録音できる

 

最大3曲まで録音することが可能なこの録音用CD(600円)フロントで購入できます。
ベッシーがカラオケ店で働いていた頃には、おばあちゃんが自宅で練習するから録りたい、娘のオーデイション用で伴奏だけ(音源だけ)録りたいお客様もたくさん来られていました。

もちろん納得いくまで録り直しが可能です。
CD録音サービスの需要があるかどうかは置いといて結構綺麗に録れるんですよね。
操作方法でわからなかったらスタッフに聞けばおっけーと言いたいところですが自分でネット検索した方が早いです。笑

 

 

10.楽器を持ち込んで演奏できる!

JOYSOUND の部屋では楽器を繋いで音楽に合わせて演奏できます!
もはやスタジオですね。


セッションボックスGB-10(JOYSOUND)

ギターやベース、キーボードなどを上のセッションボックスと言う箱にシールド(ケーブル)で接続します。

同時に演奏できる(入力できる)楽器は2台までです。

 

INPUT1(左側)の穴にさせばサウンドメイクが微調整できるのでギターやキーボードなどが良いかな?と思いました。

INPUT2(中央の穴)はベースなどをさします。音色調整ツマミはボリュームしかないのですがエフェクターを楽器〜GB-10間にかませば問題ないですね。

INPUT3はAUX(外部入力)端子です。これはスマホなどの音楽プレーヤーのイヤホン端子から接続し鳴らしてそれに合わせて演奏するものです(別途専用ケーブルが必要です。)

ただこのAUX端子はあまり使わないんじゃ?だってカラオケあるし。ガチのバンドマンで自分のオリジナル曲を練習したい!って考える人だったら納得ですが。笑

 

11.DAMとJOYSOUNDどっちが良いの?

DAMとJOYSOUNDどっちがいいの問題なのですが、やっぱり最後は好みになるのですが、それだとあまりにも不親切だと思うので両者のベッシーなりの見解を簡単にまとめました。

  DAM JOYSOUND
曲数 約22万曲 約27万曲
本人映像 ★★★ ★★
生音 ★★★ ★★
アニソン ★★ ★★★
採点 ★★★ ★★★
カメラ機能
楽器演奏
アプリ ★★★ ★★★

 

2社の大まかなイメージは、

DAM     →音や映像に強い
JOYSOUND →曲数や外部機器連携に強い

 

かなと。
DAMは、音へのこだわりがすごく、プロミュージシャンが実際に演奏している生音演奏やリアル本人映像など、他のメーカーを寄せ付けていない印象です。

一方JOYSOUNDは、曲数やアニメ曲(オープニング、エンディング、挿入歌など)が強く、アルバムのマイナー曲まで入っていたりとかなり驚かされます。
また、楽器を持ち込んで演奏できたりカラオケ以外にも楽しめるものがある点は、大きな武器だと思いますね。

昔からDAMが優勢とされてきた感じがあるのですがJOYSOUNDも実は負けていません。
快活CLUBでは、ブースの移動が比較的簡単にできるので、両方使ってみて好みの方を選ぶと良いと思います。

12.1&2カラオケの特徴まとめ

食事とアルコールは飲食スペースで!ソフトドリンクはOK!
コンデンサーマイク完備でまるで音楽スタジオみたい!
完全な防音環境ではない!
周りを気にしなくていいプライベート空間!
楽器を持ち込んで演奏ができる!
通常のブースと同じ料金体系!
3時間で移動をお願いされる可能性がある!
勉強やパソコン作業にもおすすめ!

以上「元カラオケ店員が解説!快活CLUBの1&2カラオケってこんな感じ!」でした。
歌う以外にも楽器演奏、勉強やパソコン作業などとマルチに利用できる1&2カラオケ。
この週末ぜひ利用してみてくださいね。
それでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です