【京橋】英國屋モーニングの本格ワッフルを堪能!

 

おはようございます!ベッシーです。

 

京橋の庭であるコムズガーデンの英國屋でモーニングをしてきたお話です。

この英國屋、大阪には30店舗あるようでたまに見かけますよね?

コジャレた内装でどこか異国に来たみたいです。

 

今日はいつものモーニングとは一味違いますよー。

タイトルにもある通りワッフルです!

モーニングのお供だちK氏と二人です。

 

1、英國屋のモーニングはワッフル推し!

 

オープンの8時前に到着し開店を待ちます。優秀!

英國屋のモーニングメニューにはサンドイッチやトーストなんかもあったりするのですがAセットの凄まじいッフル推しには目を奪われました。

ハーフワッフルもありましたがお腹が空いていた為Aセットのプレーンワッフルのセット¥550を2人分注文。

全ての英國屋がそうかはわかりませんがわざわざ席まで注文を聞きに来てくれるスタイルなんですね!

 

カウンターで先に清算してコーヒー受け取ってみたいな感じかと勝手に思っていましたのでとても新鮮に感じます。

 

Aセットモーニングの内容は、

プレーンワッフル

モーニングドリンク

ヨーグルト(いちごジャムのせ)

 

モーニングドリンクは、

【ブレンドコーヒー紅茶カフェオーレオレンジジュースミルク】から選べます。

写真はカフェオーレ(ホット)です。

 

2、ワッフルの味、どう?

 

大きさは約30cmはあろうかと思われるワッフルが登場し、ナイフを入れた時のサクサク音が印象的でとても食欲をそそります。

ほどよく甘く飽きが来ない生地で焼かれていてコーヒーとの相性が抜群でした。

丸々一枚でもペロッと食べれましたよ。

 

3、時間を忘れてしまいそうな店内

 

店内は英國屋の名前からして異国感漂う内装、高級感も兼ね備えたすごく落ち着いた空間でモーニングはもちろんゆったくしたい時にはぴったりだと感じました。

 

4、分煙はできてる?

 

ここ重要です。

残念ながら仕切りがあって一切煙は来ない完全分煙ではありません。

吸わない人は禁煙席である窓際にされるようです。

吸わない人にとったら長居は適さないかもです。

 

5、コーヒーへのこだわり

 

英國屋では、コーヒー豆本来の旨みを最大限に引き出すために、じっくり焙煎。季節に応じた温度設定や、豆に合わせた煎り方など、きめ細かな職人の技が効いています。

引用元 :  カフェ英國屋

公式ホームページでコーヒー豆のネット注文もできるようです。

気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?
http://cafe-eikokuya.jp/shopping/

 

6、終わりに

 

今回は大阪に多く出店している英國屋のモーニングについて書きました。

雰囲気良しワッフル良し!ただ非喫煙者にとったら完全分煙でないのが惜しいところでしたね。

またふとワッフルが食べたくなったら立ち寄りたいと思います。


カフェ英國屋 京橋コムズガーデン店

【営業時間】 8:00〜23:00
【定休日】  不定休
【TEL】   06ー6356ー8832
【住所】   大阪府大阪市都島区東野田町2ー61

ABOUTこの記事をかいた人

奈良県出身大阪在住。 激辛グルメ好きで少し若く見える29歳男子。 激辛食べた後は毎回「甘いの食べたい」が口癖。 コカコーラウエストで7年勤めた後、起業の為退職。 色々あり父親に「もう縁切るわ。」と放たれ家を出ました。激辛とスイーツ記事をメインに大阪から発信中。 現在webデザイナーになる為、職業訓練中。 立ち上げ約半年で20,000UU、60,000PV達成