【ココナラ】1万円でホームページ制作! 最初で最後のお問い合わせをいただいて考えた制作スキルの他に大事なもの

 width=

最近、ココナラで1万円ホームページ制作(完全オリジナルデザイン)の販売を始めたベッシーです。
こんな破格のサービスにした理由は、ココナラでまだ実績が少ないからです。
今回はそんなココナラで出品サービスに対してある方からお問い合わせからメッセージをいただいてから考える、制作スキルの他に大事なものって何だろうというお話です。

お客様から最初で最後のお問い合わせをいただく

出品したサービスのお問い合わせでECサイト制作をお願いできませんか?といただきました。

ベッシーが出品したのは、1万円で完全オリジナルデザインのホームページをワードプレスで制作するというものでした。制作側としてはかなり安い値段設定です。それでもその価格で販売する一番の理由は始めたてでレビュー(口コミ)が少ないからです。

しかし、そこまで低価格にしてもココナラでは通常運転。
ココナラの検索窓で「ホームページ制作 1万円」と検索してみてください。2021年11月現在で781件もヒットします。すごい数ですよね。

そんな中制作のお問い合わせをいただいたわけですがあくまでお問い合わせ段階。
受注が確実になったわけでは決してないんですよね。

でベッシーはこんな返信をしました。(一部ブログ用に変更しています)

 


ベッシー

●●様がお持ちのイメージを是非形にさせていただきたく存じます。
デザインのラフ案製作に入る前に、よろしければ下記の項目にお答えいただくことは可能でしょうか。

【ネットショップについて】
・既存のwebサイトの有無
・Webサイト名(ショップ名)
・Webサイトの目的
・商品やサービスの特徴(競合他社との差別化、付加価値など)
・販売予定の商品の有無

【デザインについて】
・希望のイメージ・カラーの有無
・参考にしているWebサイトやデザインの有無
・上記の参考にしたい点などはどの部分か


出品内容はホームページ制作でしたがECサイト制作の経験もあるのでそのまま進めています。
まー大きく括ったらホームページ制作もECサイト制作も一緒。うん、違うか。

それよりも、最初のメッセージでこんなに質問されたら相手はどう思うかな?というのがありました。
でもこれ以上削るとメッセージのやりとりが増えるだけだと思い送信。

 

そして、相手からの返信はというと待てど暮らせど一向に返ってきません。
3日経ち1週間を超え、とうとう今日で丸1ヶ月が経過しました。
「やっぱりやめます」とか「他のところで決まりました」とかなんでも良いから一言欲しいのが正直な気持ちです。

 

お客様から返信が来ない理由って何だろう?

考えられる理由をいつくか挙げてみました。

・他の出品者に決めた
・質問内容が多いから面倒になった  
・言葉使いが悪い
・返信対応が遅い
・軽い問い合わせのつもりだった
・同業者さん?

 

他の出品者に決めた

他に良いサービスが見つかり、その出品者から購入することに決めたパターン。
今回の1万円ホームページ制作を例にすると「サービス内容が同じで2000円安いものを見つけた」「好みのサンプルサイトを掲載しているサービスがあった」などです。
ココナラでは購入前に他のサービスと簡単に比較検討ができてしまうので、もっと付加価値を付けて勝負できればと考えています。

 

質問内容が多いから面倒になった

確かに今回は自分でもちょっと質問項目が多いなと思いました。
面倒くさくなる気持ちもわかります。
人によっては、「できますか?」と聞いているのだから「できます」だけで良いのにと思う方もおられるのかなとかも。
あといきなりマシンガンをぶッ放すのではなく、言葉のキャッチボールも大切だよなと考えさせられました。

 

言葉遣いが悪い

言葉遣いが悪いとメッセージを返したくないと思います。

ベッシーは、基本的に敬語はもちろんこと、専門用語はなるべく使わないなどお客様の知識レベルに合わせてお話をしています。
お話の中でお客様がお持ちのイメージを引き出しつつ、それを言語化できるように心がけています。

 

返信対応が遅い

ライバルが大勢いるからこそ対応スピードは早い方が良いですよね。
今回は1時間以内に返信させていただきましたが、お客様は一括見積もりみたく複数の出品者とやりとりしている可能性が高いです。メッセージに気付けばすぐに返信するくらいの俊敏さが大切なのでしょうね。そう早いに越したことはない。

 

軽い問い合わせのつもりだった

お客様のご依頼に対する温度感が低いパターンですね。
どんなサービスがあるのか、どのくらいの費用感でやってくれるのかなどの情報を集めている段階でしょうか。様々な状況のお客様がいらっしゃるのでいきなり本題に入ってしまったのはナンセンスでした。

 

同業者さん?

同業者(ライバル)さんだった可能性もありますね。
依頼者側としてココナラでライバルがどんな対応をしているのかを知りたい時にはうってつけの方法なのかもしれません。

 

終わりに

お問い合わせをいただけた時点で、商品・サービスに興味がある状態。
ビデオツールも利用できますが、最初はチャットでのやり取りがメインだと思います。
そのチャットで安心して任せられる人だと思ってもらえないとその先は絶対にありませんよね。

制作スキルの他にどこまでお客様の立場になって考えられるか?という根本的な視野が改めて重要だと気付かせてもらえました。

今後もココナラでのスタイルは、まずご相談いただいてから受注・制作・納品という流れでやっていくつもりです。納品がゴールだとしたら、お客様に寄り添いながらそのゴールに向かいたいですね。

 

最後に宣伝ですが、現在ココナラ限定で出品している1万円ホームページ制作にご興味をお持ちの方は下記の制作の流れもご覧ください。特に③のラフデザイン案を見てから決められるのはメリットだと思います。

▼制作の流れ
①ご購入前にメッセージにてヒアリング
 お客様が思い描くホームページのイメージや目的、参考にしたいURLなどをご提示ください。
 ↓
②ラフ案作成(約2〜3営業日)
 ヒアリング情報を元にラフ案を1案ご提案させていただきます。
 ↓
③ご購入
 ラフ案でご納得いただかなければ費用は発生いたしません。
 ↓
④サイト制作開始
 ↓
 修正(3回まで無料)
 できる限りお客様のイメージに近づけたいので、少しでも気になる箇所はお気軽に仰ってください。
 ↓
⑤完成品の確認(約5営業日)
 修正が完了し、お客様にご納得いただいた上で納品いたします。

それではここまでお読みいただきありがとうございました。