まんまと戦略にハマった。辛いメラメラ食べて懐かしくなってわさビーフも食べた!

こんにちは。

大阪激辛スイーツ担当ベッシー@bessylog)です。

 

先日「メラメラ」という謎のポテチを食べた記事を書いたのですが、山芳製菓から新発売「メラメラ」は結構辛いぞ!

メラメラを作ってる会社が山芳製菓さんだったので発売からロングセラーで代表作の「ワサビーフ」(1987年発売)も久しぶりに食べたくなりました。

下のパッケージを見て懐かしく思う方もおられるのでは?

メラメラの陳列棚のすぐ下に配置されてました。懐かしさのあまり一緒に買って食べ比べして欲しい感を狙う作戦というか戦略ですか。まんまとハマってしまったベッシー。

早速食べよう!

内容量55gだと!?

メラメラは60gでワサビーフは55g??何だこの5gの差は。

表面には「長野県産わさび使用」と書かれてるし原価が高くなってるのかな?

そもそも長野県さんだからといって高級なのか?

まー軽いポテチなら5gの差は歴然なはず。

下の写真2枚を見比べて欲しい。撮影距離とかあると思うがお皿に盛った感じパッと見少なく見える。笑

メラメラ 60g

わさビーフ 55g

え?盛るときに食べてないよ?

やっぱり一枚あたりの重さが軽いから5gの差は見た目にも影響するのだろう。てか大多数はお皿になんて盛らずにボリボリ手を突っ込んで食べてると思うがどうだろう?

わさび感があるとことないとこの差が激しめ。

全体的にわさびパウダーがかけられてるのだがというかここまで来たらムラと呼べるくらい。

「あれ普通のポテチ?あぁわさビーフだ!あれ、これは違うかも?」と一枚ずつ噛みしめて食べると気づいた。きっとメラメラの商品コンセプトは”食べるまでどんな味かわからない消費者任せのワクワクするお菓子”だと思うからゲーム感覚で楽しかったけど、ワサビーフは最初からわさび味って誰もが予想できるからわさび感が無くなればそりゃ物足りなく感じる。

あれ、学生時代に食べてた時もこんな感じだったかな?

でも美味しい!

逆にわさびパウダーがまばらにかけられているからこそわさビーフを成してるのかもしれない。

まーそんなパウダーの”ムラ”の話より何より味が変わってなかったのが嬉しい!

10年前に食べたワサビーフと今食べてるワサビーフの味が全く変わらずあの時の思い出に浸ることができたから結果オッケーだ。味が全てなのか?笑

わさびがツーンと舌と鼻先に襲いかかるこの感じが好き!

メラメラ記事で、「ムシャクシャした時に食べてた」って書いたけど何をムシャクシャしてたのかは思い出せない。実はムシャクシャした時に食べてたんじゃなくてムシャムシャしたい時に欲求に負けて食べてたのかな。あそこのO売店、まだやってるかな?

わさビーフ。

発売から30年近く経ってもこうしてベッシーみたいにメラメラのついでに販売戦略にハマってしまった人が増えたらいいのになーなんて思う。さらにそれがきっかけで検索してこの記事にたどり着いてくれてたのなら奇跡だ。飛んで喜ぶよ!ふらい。

ABOUTこの記事をかいた人

奈良県出身大阪在住。 激辛グルメ好きで少し若く見える28歳男子。 コカコーラウエストで7年勤めた後、起業の為退職。 色々あり父親に「もう縁切るわ。」と放たれ家を出ました。激辛とスイーツ記事をメインに大阪から発信中。 当ブログ【ベッシーログ】の立ち上げ約半年で気付けば20,000UU、60,000PV達成。 面白い記事を書けるよう日々精進していますのであと1記事読んでいただけたら嬉しいです。執筆依頼、取材も受け付けています。Twitterか問い合わせからお願いします。